足の赤いブツブツは剃刀負けによるもの

脚に赤いブツブツができて痛い!毎日の自己処理での肌トラブル

 

カミソリで足を剃ったら赤いブツブツができてしまった。
痛いし、見た目も気持ち悪い…。

 

カミソリは肌にダメージを起こします。

 

これは、カミソリで剃った事により、皮膚の角質が削り取られて
毛穴周辺が炎症を起こしたためだと考えられます。

 

いわゆるカミソリ負けといわれるものです。

 

脚のムダ毛を綺麗にしようとしてカミソリで処理をしたのに
逆に見た目が悪くなってしまっては良くないですよね。

 

 

それにカミソリで頻繁にすね毛処理をしているとこういった
赤いボツボツができやすくなったりします。

 

それはカミソリによって肌の角質が削り取られていくこと。
それにより、肌バリア機能が弱まっていくからです。
肌荒れしやすくなっていくんですね。

 

剛毛な人は特に注意!

 

特に剛毛なすね毛などの場合は、毛の断面も太くなっていき
生えてくるときにそれが皮膚や毛穴に刺激になったりします。

 

痒くなったりもしますが、ここで血が出るまで掻いてしまうと
出血した所からまた細菌感染したりして、
赤いブツブツが酷くなったりしてしまうので注意が必要です。

 

毛が濃くて剛毛の女性におすすめの脱毛は

エステと同じ方式で自宅で脱毛できる機械
>>剛毛なら脱毛器の方がお得なんです