カミソリ負けした時はどうやって治す?

カミソリ負けした時の対処法、治し方、薬、市販薬などについて説明していきたいと思います。

 

 

ムダ毛処理をする時にカミソリで行うと、肌の状態によってはすぐにカミソリ負けをしてしまう事があります。

 

カミソリ負けをするとヒリヒリしたり、赤くなったり、ぶつぶつ、かゆいなど、肌の状態がかなり悪くなります。また見た目も良くありませんので、せっかく足を出す季節なのにカミソリ負けで汚く見えるというのはとても嫌なものです。

 

 

カミソリ負けした時の対処法は?

 

カミソリ負けをしてしまった場合、皮膚の状態に傷がついて炎症を起こしてしまっている状態です。このようなとき、かゆみがあって、掻いてしまったりすると更に細菌が感染し、化膿などを起こしてしまい、よりかぶれが酷くなってしまう場合もあります。

 

なので、炎症が酷い場合は、皮膚科に受診して、皮膚の状態を診てもらってから薬を処方してもらう方が良いでしょう。

 

 

カミソリ負けした場合の治し方は

 

傷ができている状態ですので、清潔にし、必要であれば薬を塗って、状態が良くなるまでムダ毛処理は控えるようにしましょう。

 

カミソリ負けは皮膚の表面を削りすぎて、角質層などにダメージを負っていますので、皮膚が敏感な状態です。炎症が治っても、あまり皮膚に負担をかけるような処理はやめといておいた方が良いでしょう。

 

カミソリ負けに使える薬

 

カミソリ負けでよく使われて効果もあるといわれるのが、市販でも手に入るオロナインです。

 

オロナインは大塚製薬から販売されている軟膏で、ひび、あかぎれ、しもやけやきりきず、すりきずに使えると書いてあります。

 

また、近江兄弟社メンタームもカミソリ負けの治療薬として使えるようです。