毛抜きで頑張って抜いたのに色素沈着した

ムダ毛を処理してツルツルにしようと毛抜きで
頑張って抜いたのに、シミのような色素沈着が出来てしまった!

 

よくあるムダ毛の自己処理による肌トラブルだったりします。

 

抜くと色素沈着ができる原因は

 

毛抜きで抜くのは長持ちするし、チクチクしないしで、
剃るよりも抜くほうが良いと脱毛する方法を選択する人も多いですが、
毛を抜く時に毛穴に炎症を起こしてしまうんですね。

 

 

毛穴に対して無理な力がかかったりすることで、毛穴にダメージを
与えるのです。そこで色素沈着が起こります。
炎症性色素沈着と言われます。

 

また、出来た埋没毛を気になるからと毛抜きでほじくり出したりする
そこから化膿して、色素沈着になる事もあります!

 

 

毛穴周辺の色素沈着を治す方法はある?

 

毛穴付近にできた色素沈着(薄茶、薄い赤などのシミ)をすぐに消す方法はありません。
体にできたシミというのは実は顔よりも治りにくく、
3年以上かかってしまう場合があります。

 

早く消すには、ピーリングなどが有効ですが、
肌の弱い人はそれが刺激になり更に色素沈着となる場合もあるので
注意が必要です。

 

美白化粧品などを使う事によっても色素沈着を薄くしていく方法があります。

 

しかし、ムダ毛処理によって更に炎症を繰り返していくと治りませんし、
その間に日焼けなどをしてしまうとなかなか消えなくなってしまいます。

 

 

毛が濃くて剛毛の女性におすすめの脱毛は

エステと同じ方式で自宅で脱毛できる機械
>>剛毛なら脱毛器の方がお得なんです