毛を剃るとブツブツになるのはなぜ?

毛を剃ったらブツブツになった!なんだか見た目も汚い…
カミソリなどで剃ると、生えてくる毛が皮膚の下に埋もれた状態で
生えてきてしまい、ブツブツで黒い毛が目立つという場合があります。

 

これは埋没毛といって、カミソリでムダ毛処理をする場合に起こるトラブルです。
また、埋没毛(埋もれ毛)は毛抜きなどで抜く場合でも起こります。
ソイエなどの脱毛器でよく起こる人も中にはいます。

 

このムダ毛処理後のブツブツはどうやったら治るかというと、
ムダ毛の自己処理を休むなどしかありません。
処理後のアフターケアとして十分にジェルなどで保湿すると
埋没毛を防ぐのにいくらかマシになりますが、絶対ではありません。

 

毛が濃い、剛毛だったりすると、埋没毛になるとまたその毛が太くて目立ちます。
しかしその埋没毛を見た目が汚いからと、ほじくるのは厳禁です!

 

皮膚の下から無理やり埋もれた毛を取り出そうとすると、
その時に皮膚や毛穴に炎症を起こし、色素沈着(シミ)の元になりますので
埋没毛を無理に抜くのはやめましょう。

 

剃るとブツブツになる、でも剃らないとムダ毛が目立つという毛深い人は
ムダ毛の自己処理を繰り返していくうちに肌の状態が悪化します。
肌がザラザラしてきた、毛穴が茶色いシミのようになってきてしまっては
結局肌を出せなくなります。

 

脱毛をすると自己処理で傷んだ肌は修復されて
毛がなくなってツルツルとは別に肌がツルツルになりますよ。

 

毛が濃くて剛毛の女性におすすめの脱毛は

エステと同じ方式で自宅で脱毛できる機械
>>剛毛なら脱毛器の方がお得なんです